浄土宗 東海山 照源寺            
         
ご案内年間行事お知らせ浄土宗桑名と歴史
                         


 
       

最新のお知らせへ(秋の写経会・一日修養会)

最新の照源寺だより

照源寺のフェースブックページへ (下スクロール↓)

アクセス地図はこちら

         
         

 

 〒511-0811
 三重県桑名市大字東方1308
  п@0594−22−3924

 

 
                     
     ようこそ、桑名 照源寺ウェブサイトへ!
 照源寺は、桑名駅からほど近い歴史あるお寺です。
皆様にお寺や、仏教について親しみをもってもらいたいとの思いから、ウェブサイトを更新していきます。どうぞ、ごゆっくりとご覧ください。
照源寺は、京都の知恩院を総本山とする浄土宗のお寺です。ご本尊は阿弥陀如来です。
皆様のご参拝、是非お寺に足をお運びくださることをお待ちしております。

 

 照源寺はお殿様の菩提寺です!

【お寺の縁起】
  寛永元年(1624年)桑名藩主 松平隠岐守定勝公(徳川家康公の異父弟)のご逝去に際し 二代将軍徳川秀忠公の台命により 御子松平隠岐守定行公が御父菩提のため新規に一寺を建立し、当地に埋葬しました。
当初は東海山 泥垣院 崇源寺と号しました。それは定勝公の御法号(戒名)「崇源院殿」に因るものです。
しかしのち、寛永三年にご逝去された秀忠公ご夫人の御法号(戒名)が偶然に「崇源院殿」と一致して、松平定綱公がご遠慮され 寺号を改め 照源寺 としました。山号の頭文字「東」と、寺号の頭文字「照」の二字を合わせて「東照」となる由縁は、東照大権現(徳川家康)をお祀りしたことによります。
桑名藩菩提寺である照源寺が徳川家康公の供養をする事により、桑名藩松平家は徳川家に対し末代にわたり忠誠を示した事になりました。現在もなお徳川家康公 木像、御位牌を安置し、ご供養お祀りをさせていただいております。
開山は 遠州掛川天然寺 宗連社伝譽三甫大和尚です。

   
                     
      ギャラリー     寺宝と指定文化財    
      寺内案内図   御廟    
      地図

  創立沿革        
        メール  ご意見ご感想、お問い合わせはこちらまで。  
   
  総本山知恩院・・・京都にある総本山です。
  やさしいブッダの樹・・・わかりやすい仏教のサイトです。
  浄土宗ウェブサイト・・・浄土宗のサイトです。
 
 

copyright(c)2005-2017 Shogenji All rights reserved.